・CSVやTSV、データベースなどのデータソースを、プログラムレスで帳票化できます。

・帳票レイアウトの設計は、Excel又はWordを使用します。

・データソースと帳票レイアウトとの関連付けは、Excelの設定シートに記述します。

・Excelの書式、グラフ、罫線、条件付き書式などの機能を帳票レイアウトに活用できます。

・プログラムレスで設計できるため、稼働後のメンテナンスが容易にできます。

icon 特徴

Documenterシリーズは、様々なシステムより出力されるデータを帳票化するソフトウエアです。
コストがかかりスキルが必要なプログラム開発を行わず、ExcelやWordを使用して帳票開発ができます。
Documenterを使用した帳票開発に必要なものは、

1.Microsoft Excel(Word帳票を作成する場合は、Microsoft Word)(バージョン2003以降推奨)

2.パソコン又はサーバー

3.データソース(ファイル)

のみです。
帳票のレイアウトはゼロから作成出来ますが、既にExcelやWordで作成した帳票があればそのままレイアウト設計に利用できます。

CsvDocumenter
icon CsvDocumenter

・Excel・Wordを使用して帳票のレイアウトを作成できます。

・プログラムレスで帳票作成ができ、プログラミングのスキルは必要ありません。

・CSVでデータ出力が可能であれば様々な帳票を作成できます。

ClickOnceDocumenter
icon ClickOnceDocumenter

・プログラムレスで帳票作成が可能であり、オープン系開発のスキルが必要ありません。

・Excel/Wordを使用した帳票開発により、開発工数の削減が可能です。

・帳票サーバーを用意する必要がなく、WindowsPCで動作します。

・既存のWEBシステムに帳票作成機能を組み込むことができます。

DocumenterServer
icon DocumenterServer

・プログラムレスで帳票作成が可能であり、オープン系開発のスキルが必要ありません。

・Excel/Wordを使用した帳票開発により、開発工数の削減が可能です。

・汎用プリンタを使用できるため、コスト削減が可能です。

・WEB画面を使用した帳票の検索が可能です。

icon 帳票レイアウトファイルの作成
Excel又はWordで帳票レイアウトを簡単に作成
帳票のレイアウトをExcel又はWordを使用して設計します。現在手入力等で利用しているExcelやWordで作成されたファイルがあれば、そのレイアウトをベースに簡単に設計できます。
データを埋め込む場所にラベルを設定
Excelの場合はセルに、Wordの場合は文書内にラベルを設定します。ラベルにはExcel・Word機能を使用できます。
ワンポイント
OCRで電子データ変換するソフトを使用してExcelに変換することで、紙文書から帳票を作成することが出来ます。
書式の設定
ラベルの書式をExcel又はWordを使用して設定します。Excelの場合、罫線や表示形式、配置、フォントなど各種設定が可能です。Wordの場合も罫線や配置、フォントなどの設定が可能です。
ExcelやWordで文書を作成する時と同じ方法で書式の設定が出来ます。機能を使用できます。
ワンポイント

・条件付き書式を使用することで、ラベルに設定された値を基に書式を変更できます。

・Excelの書式設定で西暦を和暦に変更することが出来ます。プログラム側で加工する必要はありません。