icon CsvDocumenterで帳票作成

CsvDocumenterを利用すれば、プログラムレスで帳票を作成することができます。
ここではサンプル帳票事例で紹介している複合レイアウトを活用した請求書を作成します。
STEP1  データ
CSV又はTSVデータを用意します。
STEP2  レイアウト
帳票レイアウトを作成します。
現在利用しているExcelやWordで作成されたファイルがあれば、そのレイアウトをベースに設計できます。作成したレイアウトのデータを埋めたい箇所に、ラベルを設定します。
画像の設定はここで行います。
STEP3  入出力の定義
レイアウトとして使用するファイルの指定、出力形式の指定を行います。
外国語を使用する場合はここで設定を行います。
※WindowsOSで取り扱うことができる言語であれば対応できます。
STEP4  データ埋め込みの定義
レイアウトファイルで設定したラベルに、CSV又はTSVデータのどの項目を埋め込むかを指定します。
【補足:SpecialSetting機能】
SpecialSettingを追加することで、バーコードの挿入やクロス集計を簡単に設定できます。
STEP5  バッチファイルの起動
SETP4までの設定が完了したら、バッチファイルを起動します。
SETP3で指定した出力形式でファイルの出力が行われます。

>>出力イメージ(PDFが開きます)